クッションの事なら何でもインテリアートにおまかせ!オリジナルのオーダークッションから飲食店、医療関係まで幅広く対応。
素材にこだわった枕や癒し系クッションも
こだわりのオリジナルオーダークッション
  サイトマップ お問い合わせ
  • トップ
  • インテリアートの日記2016

オリジナルオーダークッションのインテリアートメニュー
なんでも対応!多彩なクッション
>>
>>
>>
>>
こだわりのオーダークッション
クッションのできるまで
お客様の声
インテリアートとは
クッション・枕関係リンク
クッションのご注文はこちら
ご注文フォーム
 
戦国武将クッション&上掛け
 
金襴座布団
 
プジョー307CC専用アームレストクッション
 
プリウス用フラットシートクッション
 
尾てい骨サポートクッション
 
お買い得座布団
 
オリジナル寝装カバー
 
「確認データ」と「入稿データ」についてのご案内
 
求人募集のお知らせ
 

インテリアートの日記
 
最新次の5件を表示20172016201520142013前の5件を表示最初
2016/12/26
今年もインテリアートをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。今年は本当にたくさんのオーダークッションのご注文をいただき、作成と対応に追われる日々が続きました。お待たせしてしまったお客様に対しては、大変申し訳なく思っております。

来年もお客様本位の姿勢を忘れず、全力でお客様の求めるクッションの制作に取り組んでいきたいと思います。来年もインテリアートをよろしくお願いいたします。
 
2016/11/30
いつも以上に制作作業とメール対応に追われていますが、ただ忙しいからと言ってあんまり乱暴な対応にならないように努めています。現在は新規の方やリピーターの方、緊急対応の方など、会社個人合わせて60〜70案件程度の対応を同時にしています。

特に今は病院関係の案件を5〜6件かかえており、移動用や手置き台のクッション、診療時のピロークッションなど、加工が難しいものも対応しています。他にもホテルのソファークッションとか車のカバークッション関係、プリントクッションやペットベッドクッション、中が羽毛の丸クッション、パンの形をしたノベルティクッションなど、多種多様の対応をしています。

リピーターのお客様は材料を確保してケースもあるので比較的早く対応できることもありますが、新規のお客様は材料の手配からとなりますし、サンプルの作成に時間をとられることもありますので、どうしても時間がかかってしまいます。

納期などの兼ね合いで、どうしてもお断りをせざるを得ないような状況も出てきていますが、なるべく多くのお客様の要望をかなえるべく上手く整理して進めていきたいと思っています。
 
2016/10/26
相変わらず、非常に忙しい日々を送っています。問い合わせ段階のものから今現在制作しているまで含めると、だいたい1ヶ月に60〜70案件くらいが動いています。順次対応はしていますが、どうしてもメール対応などに遅れが出てきています。申し訳ありません。

例えばソファークッションだけでも10案件ほど動いていますし、他にも医療関係の特殊なクッションや、動物病院の診察台、店舗用のプリントクッションやイスカバー、高級車のシートカバーやボート用クッション、マッサージ機器用のカバークッションなど、とにかく多彩な案件が同時進行で動いています。

国内では技術を持っている縫製所がほとんど無くなりつつありますので、弊社に依頼が殺到するのも理解はできますが、正直対応しきれていないのが実情です。申し訳ありません。

フル回転でやりくりしながら動いていますので、新たな問い合わせを頂く場合はご返答までに猶予を見ておいていただけますと助かります。ご返答は必ずいたしておりますので、少しだけお時間を見ておいて下さいますようお願いいたします。
 
2016/09/28
相変わらずオーダークッションの問い合わせと作成対応に追われています。どうしてもメールの返信などが後れがちになってきておりますが、何卒ご容赦をいただければと思います。

最近は特に難しい加工のご依頼が多く、例えばモーターボートやキャンピングカーにぴったりはまる専用クッションであったり、変わった形状の椅子クッションとカバー、特殊なペット用クッション、完全オーダーのベンチクッションやソファークッションなど、きめ細かい対応に追われています。

特殊な加工が多いため、そこには高い技術力と経験が必要になります。そのため、手が足りなくてもなかなか外部の加工に任せることは出来ません。(最近は国内でも熟練の職人がいなくなりつつあります…。)

まぁ技術力だけの問題でなく、手間隙がかかるため難しい加工は断るような縫製所も出てきていますが、インテリアートではどんな難しい加工も引き受けたいと思っています。他では断られるようなご依頼でも、一度インテリアートに相談してみてください。ただし、対応には日数を見ておいて下さいね。
 
2016/08/24
このところ非常に仕事に追われています。居酒屋チェーンの座布団クッションのご依頼をいただいたり、モケットクッションを2000枚ご注文をいただいたり、接骨院の特殊クッションであるとか車のシートクッションとか個々のオーダーもたくさんいただいておいます。

建築関係からのベンチクッションのご依頼もあったり、家具屋さんの椅子クッションのご依頼もあったり、教会様からの長椅子クッションのご依頼をいただいたり、某有名ハウスメーカーからのお問い合わせをいただいたり…とにかく目いっぱいにご依頼を受けて、対応もそうですが生産が追いつかない感じです。そのため、現在は制作に最低でも3週間程度の猶予を見てもらっています。

1つ1つの製品の要求も年々難しくなってきています。技術的にカバーできる職人も限られているため、そのやりくりにも四苦八苦していますが、基本的にインテリアートでは「できない」とは言いたくありません。協力加工工場もフルに活用しながら、1つずつをきちんと製品として納めていきたいと思っています。

他で断られるような難しい加工、大量加工でも、一度インテリアートにご相談ください。納期さえ余裕を見ていただければ、きちんと対応させていただきます。
 
2016/07/27
先々週は高級車のカーシート用クッションの対応に追われました。お客様が型紙を取って送ってくれたのですが、構造がかなり複雑らしく型を取るだけで5日ほどかかったそうです。それを元に仮縫いし、一度当てはめてみて現地でも奮闘しましたが、なんとかお客様の求めているものを提供すべく奔走しています。

又、このところキャンピングカーのシート張り替えや、プールサイドクッションのご依頼、ボート用クッションの作成、学生さんの卒業制作のご相談、2000枚のクッション作成のご依頼など、とにかく忙しい日々を過ごさせていただいております。

常時10案件以上のオーダーを抱え、お問い合わせからの対応も含めると30案件近い対応を同時進行で進めています。たまに頭がこんがらがってしまうこともありますので、お客様に迷惑が出ないようしっかりと案件管理をして進めて行きたいと思っています。
 
2016/06/29
弊社は基本的に「何でも社内で対応する」ような体制を整えています。ただ…どうしてもご依頼が多くなってきますと、提携工場へ加工をお願いすることも出てきます。

提携工場といっても、弊社が「ここなら安心してお任せできる」といった会社ばかりです。中でも愛知県にある1社は、大手一流家具メーカー(名前を言えば誰でも知っている一流メーカーです)のクッションを一手に引き受けている会社で、家具用クッションの作り方には精通しています。

このような提携工場の知識と技術、そして弊社の今までの経験と知恵を融合させ、お客様からどのようなご要望が来ても対応できるような体制を構築しています。

難しいご依頼であればあるほど燃えますので、どんな加工でも一度ご相談ください。
 
2016/05/26
神宮球場の三塁側シートのベンチクッションを納めてきました。こちらは球場を管理している業者さんからのご依頼でしたが、作成にあたっては色々な会社に打診をされたそうです。しかし、そのどの会社もが「出来ない」というようなご返答だったそうで、弊社にお話がまわってきました。

球場のベンチクッション 球場のベンチクッション 球場のベンチクッション

元々一塁側のベンチにはクッションがついていたらしいのですが、今回三塁側のベンチにもつけることになったそうです。「なんとか次のナイターまでに間に合わせたい」とのご要望でしたので、非常にタイトなスケジュールの中での作成となりました。3回ほど修正と打ち合わせも繰り返しましたが、なんとか間に合って良かったと思います。

直接納めるべくこの日は7:00くらいに東京入りをして、そのまま他のお客様のところへも納品をしてきました。こちらはソファークッションのご依頼で、リピーターのお客様でしたが喜んでいただけました。こちらもお客様と直接お話が出来て良かったと思います。

今後も日程さえ合えば、直接お客様のところへ納品に伺うこともしていきたいと思います。
 
2016/04/27
レクサス用座席クッションカバー

レクサス用座席クッションカバー
レクサスの座席用クッションの制作をずっと続けておりましたが、やっと納品することが出来ました。高級車なので、よりフィット感(一体感)を出そうと何度もお客様とやり取りし、数度の修正を経て今回の納品となりました。

現地に2回ほど行って採寸したり、お客様からも型紙を送っていただいたり、試作品を送って修正を繰り返すなど、非常に手間のかかる制作となりましたが、最終的にお客様に喜んでいただけたようでよかったです。

しかし、最近の高級車は座席からエアーが出るのですね…もちろん、そのエアー用の穴もきちんとあけて対応させていただきました。

こちらのお客様からはもう一台の車(ベンツ)用のクッションも改めてご依頼を受けましたので、こちらもしっかりと取り組んでいきたいと思います!
 
2016/02/25
椅子クッション先日、東京のお客様(ホテル)より椅子クッションのご依頼を受けました。しかしながら、現在使われていて持ち出しはできないとのことでしたので、他の用事と絡めて週末に3日間ほど関東方面へ行って来ました。

椅子にぴったり仕上げようと思うと、現物の採寸が欠かせません。寸法を測り、型紙を取り、写真も撮りましたので、これでやっと制作の方に取り掛かっていくことができます。

車用シートクッション

車用シートクッション
次の日は埼玉のお客様のところへ出向きました。こちらは以前に車のシートクッションをご注文いただいたお客様ですが、新たに車を買われたとのことで、こちらも採寸にお邪魔させていただきました。

今回は2台分の作成となりますが、お客様は市販のクッションを合わせながら「ここをこうして欲しい」「こうなるといい」といったようなことをお話され、型紙もご用意されていました。

実際にシートを寸法取りしながら、どういう生地でどういう風に作るかといった、かなり突っ込んだお打ち合わせもできました。生地サンプルも決定し、こちらもこれからの制作になりますが、お客様に気に入っていただけるよう頑張りたいと思います。

ソファークッションそして最後は、ひたちなか市のお客様に納品をしてきました。こちらは原木からこだわって作っている家具屋さんになりますが、お作りになられた家具に合わせたソファークッションの納品となります。

今回は商品開発を担当されている方ともお話ができましたので、生地サンプルや中身の資料も置いてきました。今後、色々な商品の開発に役立てていただけると幸いです。

非常に充実した3日間でしたが、その間に溜まってしまった仕事もありますので、これから順次さばいていきたいと思います。
 
2016/01/28
ある大手メーカー様からの大口注文のクッションの納品が完了しました。10トン車に1車分の量でしたが、なんとか仕上げることができて良かったと思います。引き続きたくさんのご依頼を頂いておりまして、現在も複数の案件が同時進行しています。作業に追わて状態が続いていますので、メールの返信や納期には少し余裕を見て欲しいと思っております。(返信を早く欲しい方は、できればお電話をください。)

最近のお客様の傾向では、当社のオーダークッションの制作事例を見て「これと同じもの」とか「この商品でここだけ変えて」というようなご要望が多くなってきました。「誰かの欲しいもの」は「他の誰かの欲しいもの」でもあるのかもしれないと感じております。

クッション作りに限りませんが「ものづくり」において一番大事なことは、「真摯に対応する」ことだと思っております。お客様がどのようなものを作りたいかをいかに把握して、そしていかに手を抜かず親切に対応するかという視点が大切です。実際手間のかかる作業も多いのですが目先のことだけを考えず、お客様のためになると思うことは例えそれで現場の作業が大変になったとしてもご提案をさせていただく心積もりをしております。
 
2016/01/01
あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんのお客様よりオーダークッションのご注文を頂きました。ありがとうございました。今年もたくさんのお客様とご縁を持てますよう、1つ1つのご注文を丁寧に対応していきたいと思います。

本年もインテリアートを何卒よろしくお願い致します。
 
最新次の5件を表示20172016201520142013前の5件を表示最初
 


オリジナルオーダークッションのインテリアート ホームページからのご注文はこちら
〒486-0951 愛知県春日井市花長町1-3-18 (地図)
TEL:0568-34-6900 FAX:0568-34-6901
Mail:info@interiart.jp
クッションのお問い合わせは 0568-34-6900 までお気軽にどうぞ
インテリアートは脳脊髄液減少症患者と家族支援協会を応援しています。